今回はサウンドボックスのレビューで登場したエーデル丹後、シュプールの開封レビューです。